日本膝痛研究所 | ひざ痛で悩まない未来をデザインする 日本膝痛研究所 Japan Knee Oain Laboratory

近所で膝痛のプロを
探すなら日本膝痛研究所

研修会について

About Seminar
  • メニュー

    1セット(4日間)で4つの講義(実技)と試験を実施します。
    評価技術と施術手技を少人数制で丁寧に指導します。

                                             膝痛症候群総論                                           上行性運動連鎖で生じる膝痛と関連する足部周囲の問題と治療テクニック                                             下行性運動連鎖で生じる膝痛と関連する体幹・股関節周囲の問題と治療テクニック                                            膝痛に関連する最新データ 日本膝痛研究所認定試験

      【研修会では下記内容(一部)について学んでいただきます】

      運動系機能障害について/ PICRが起こす拘縮/ 筋スパズムの理解と改善方法/ 筋短縮の理解と改善方法/ 筋膜癒着の理解と改善方法/ LAFSとPAFS/ 深筋膜と好転反応/ 膝関節の機能的意義/ ロールバック機構とロールフォワード機構/ Q-angleと膝関節不安定性/ Patella Rotation障害/ 変形性膝関節症は何が痛いのか?!OAとMM損傷/ MM逸脱とMCL圧迫障害/ MCL巻き込み現象/ 半月板の神経支配や血流分布/ 半月板の動態理解/ 半月板インピンジメント/ 膝窩筋と半月板の付着パターン/ 半膜様筋と半月板の付着パターン/ Anterior Arm/ Direct Arm/ 半膜様筋滑液包-STBとSTG/ 半膜様筋の触診と癒着改善方法/ 伏在神経障害の評価と改善方法/ 大腿神経障害の評価と改善方法/ 閉鎖神経障害の評価と改善方法/ 陰部神経障害の評価と改善方法/ 膝蓋下脂肪体の機能と障害/ AKPSの実際/ VLの滑走性と外側膝蓋支帯/ SFPとPFPの評価方法と滑走性改善方法/ 鵞足炎と下腿筋膜の関連性/ 大腿二頭筋短頭と伸展制限/ LR時のKnee-in/ TSt時のToe-out/ アブダクトリーツイストの評価と改善方法/ VM弱化・萎縮の原因と対策/ 慢性足関節不安定症と距骨動態/ 足根洞症候群と内反捻挫/ 距腿背屈制限とショパール関節の代償/ 横アーチ低下障害と改善方法/ 母趾外転筋と長母趾屈筋の滑走性/ 短趾屈筋と足底腱膜の癒着/ 後脛距靭帯と背屈制限/ 下腿骨間膜の評価と滑走性改善方法/ 短母趾屈筋の再教育/ KFPとアキレス腱障害/ 前脛骨筋と前方関節包のインピンジメント/ 距骨前脂肪体のインピンジメント/ 腓骨筋と踵腓靭帯の癒着と滑走性/ 前捻角の評価と歩行時knee-inとの関連性/ iliocapsularis muscle(腸骨関節包筋)と膝痛の関連性/ 大腿直筋のIndirect Armと股関節包の関係/ 中殿筋断裂と股関節OAについて/ 小殿筋と腸骨大腿靭帯の滑走性/ 仙腸関節障害と内腹斜筋横行線維の関係性/ 膝痛と仙腸関節障害の誤解/ 後仙腸靭帯と骨間仙腸靭帯の評価と治療/ デュシェンヌ歩行と仙腸関節障害/ トレンデレンブルグ歩行と梨状筋症候群/ 骨盤底筋群弱化と内閉鎖筋硬化の関連性/ 腸腰筋のリラクセーションと機能的意義/ 多裂筋拘縮改善とKnee-inの関連性/ 胸椎後弯例に対する運動療法 カップリングモーションの意識/ 頸椎C0-1拘縮改善/ C7の前彎再教育/ 膝痛と自律神経障害/ 頭半棘筋の問題とリリース方法/ 胸鎖乳突筋の問題とリリース方法/ ルフィ二終末と背外側前頭前野
  • 詳細

    人数 6名/期
    時間 10:00〜17:00(合計4日)
    費用

    498,000円 → 398,000
    (試験手数料込,税込)

    ※2021年だけ特別割引価格で実施いたします。

    場所 東京都目黒区自由が丘1-13-14 自由が丘スカイビル302(膝痛専門整体院 京四郎 院内)

    4つの研修をすべて受講後、当協会で定める認定試験に合格された方に対して合格認定証明書を発行します。
    また、合格後は「日本膝痛研究所」に会員登録することができます。

  • 会員条件

      日本膝痛研究所の開催する研修会にすべて(4日間)参加済みであること 日本膝痛研究所認定の試験に合格すること 所定金額を納めた者 入会金(初回登録料):12,000円 月会費:3,980円
  • 会員特典

      当協会HPに会員の在籍している店舗名、会員氏名、電話番号、住所、最寄駅、営業時間、定休日、HPリンク、その他(駐車場の有無、待合室の有無)を掲載することができる(お客様に近隣地域で検索していただけるようになる) 所長 鈴木慎祐の紹介文を貴院HPに掲載することができる 研修会を半額で再受講することができる 「日本膝痛研究所」の認定講師として施術家の教育に関わることができる(※要別指導) 貴院で膝痛に対する施術の自費メニューを導入することができる(※分単価制限) 「膝痛研究家(商標登録中)」と称することができる(※要別指導) 膝痛専門整体院 京四郎の分院 院長を務めることができる(※要審査)

この研究所は膝痛で悩んでいるお客様を減らす為の組織です。しかし、施術家の生活がギリギリでは身も心も削られてしまいます。
なので、希望に応じて個人コンサルティング,経営相談,開業相談,マーケティング相談,YouTube戦略,自費メニュー導入方法などをお伝えすることも可能ですので、ご相談ください。
ただ、我々のお仕事はお客様最優先で知識や技術が前提となることは覚えておいてください。
巷で流行っているような知識や技術を疎かにして広告だけ、マーケティングだけの団体にはしたくありません。

  • 研修会スケジュール

    1期生 2021年7月2日(金),7月9日(金),7月16日(金),7月23日(金)
    2期生 2021年8月6日(金),8月13日(金),8月20日(金),8月27日(金)
    3期生 2021年9月3日(金),9月10日(金),9月17日(金),9月24日(金)
    4期生 2021年10月1日(金),10月8日(金),10月15日(金),10月29日(金)
    5期生 2021年11月5日(金),11月12日(金),11月19日(金),11月26日(金)
    6期生 2021年12月3日(金),12月10日(金),12月17日(金),12月24日(金)

研修会のお申し込みはこちら

あなたは、膝痛でお悩みのお客様が来院した時、「自分が絶対にこの方の悩みを解決する!!」と自信を持って意欲的になれていますか?!

「膝は嫌だな、、」「膝は苦手だな、、」「膝は自信ないな、、」「とりあえず筋トレでも教えておこうか、、」って まさか、思っていませんよね?!

それでは、施術家失格です。こんな施術家はお客様に触れる資格さえありません。

ですが、安心してください。

恥ずかしながら、昔の私がそうでした。

「膝」ってだけで難しいイメージがありましたし、いつまで経っても改善しないものだと思っていました。

加齢による仕方がない痛みだと思っていました。

ひたすら大腿四頭筋を伸ばして、関節のモビライゼーションをして、筋トレを教えていました。

では、それで改善したのか、、?!

最後まで言う必要はないと思います。
昔の私は膝について何も知りませんでした。

新人の頃は週末になると、必ず研修会に参加しては、夜遅くまで勉強して、努力していました。

ですが、それは「使える」知識や技術ではありませんでした。

でも、がんばって取り組んでいれば、絶対に成長できます。遅過ぎることはありません。

日本膝痛研究所では、昔の私のような膝痛に対して臆病で結果の出せない施術家を自信を持って堂々と施術を行えるプロフェッショナルにしていきたいと思います。

あなたが成長することで、救われるお客様は必ず増えていきます。

頑張りましょうね。応援しています。

素人のお客様でも膝痛の原因分析ができる?!

「ひざ痛の教科書」無料公開中!!

あなたの院にご来院される膝痛でお悩みのお客様にお渡しください!!

お問い合わせ

日本膝痛研究所についてのご質問などは
こちらからお願いします。
お気軽にお問い合わせください。